忍者ブログ
定例会の予定・連絡・お知らせ
[389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第32回、第33回定例会 両槻会主催講演会の予定が決定しました。
各指定日より、申し込み受付を開始します。
皆さんのお申込をお待ちしております。


第32回定例会
 両槻会主催講演会
 
  講 師 : 森郁夫先生
        (帝塚山大学名誉教授・帝塚山大学附属博物館々長)
  開催日 : 5月5日(土)
  会 場 : 飛鳥資料館講堂
  開 演 : 13:00(予定)
  定 員 : 40名
  運営協力金:1,000円 (経費分担金)
  申 込 : 3月7日より受付開始(定員になり次第締切)
  備 考 : 約5kmの事前散策を行います。
       (自由参加・散策のみ参加は不可)

:::森先生よりいただいた講演概要:::
  雷文縁軒丸瓦を所用瓦とした小山廃寺は、以前は紀氏の寺、紀寺跡と考えられていた。それは寺域に含まれる田に、それと思わせる字名が存在していることによる。しかし、近年そのことに疑問がもたれ、現在では小山廃寺と呼んでいる。雷文縁軒丸瓦はいくつかの地域に見られるが、その分布状況はいわば特殊な感じをもたらせる。その分布状況、また7世紀後半代の製品ということから、小山廃寺はどのような寺なのか、ということを考えていきたい。
:::::::::::::::::::::::::::::::::


第33回定例会
 両槻会主催講演会
 
  講 師 : 甲斐弓子先生
        (帝塚山大学考古学研究所 特別研究員)
  開催日 : 7月7日(土)
  会 場 : 飛鳥資料館講堂(予定)
  開 演 : 13:00(予定)
  定 員 : 40名
  運営協力金:1,000円 (経費分担金)
  申 込 : 5月8日より受付開始(定員になり次第締切)
  備 考 : 詳細は、決定次第両槻会サイトやブログでご案内します。
:::甲斐先生からいただいた講演概要:::::::
 神事といわれる相撲の起源は垂仁紀に見ることができる。紀元前・後を渡る時代で、相撲は祓いの為に行なわれていた。相撲は、神祇の国・日本独自のものと考えられがちだがそうではない。高句麗壁画にも力士像と考えられるものがある。無論、相撲そのものであるかどうかは定かではない。古墳にも相撲に関わるものを見出すことが出来る。相撲発祥は「當麻」と考えられているが、『古事記』国譲り神話の力比べも相撲の一環と考えられ、神事、政に深く関わる。持統天皇9年(695)飛鳥寺の西の槻の下で行なわれた相撲は、「相撲と槻」という最強の取り組みであろう。相撲節会の初見は『続日本紀』によると、天平6年(734)7月7日である。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::







 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
メールマガジン
メルマガ登録・解除
飛鳥遊訪マガジン
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ


メルマガ登録・解除
 

飛鳥好きの貴方に贈る
メールマガジンです♪
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[02/02 両槻会事務局]
[09/06 両槻会事務局]
[12/01 両槻会事務局]
[11/19 両槻会事務局]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード






Copyright (C) 両槻会事務局 All Rights Reserved. / Material By 両槻会事務局 / Template by 両槻会/


Powered by NinjaBlog/忍者ブログ [PR]